Welcome To Taiwan East Coast

7/17、7/18鼎東バス-東海岸大地芸術祭有料シャトルバス

今年の芸術祭では、駐在創作の応募は非常に盛んでした。国内からは30件の応募があり、初めて海外向けに芸術家公募を行ったところ、12件も応募がありました。合わせて42件で、台湾、日本、韓国、マレーシア、ブータン、アメリカ、フランス等各国の芸術家から創作計画が送られてきました。

東海岸大地芸術祭有料シャトルバス

2019-2020東海岸大地芸術祭芸術家駐在創作、オープンワークショップ及び月光海音楽会舞台演出の公募がスタート。普段から活躍している芸術家や演出家の皆様、ぜひ一緒に東海岸で駐在創作しましょう!

本年度は月光・海音楽会の魅力により、多くの団体の自己推薦を頂いたので、今年私達は「潮騒後浪」をテーマに、適切なパフォーマンス団体を選出し、音楽、舞踊、劇等の異なる形式を用いて

2020年に第六回となる東海岸大地芸術祭を開催する予定で、5名の芸術家による、東海岸創作と東海岸の自然環境、地形や空間の美学などを結び付けた現地駐在創作を公募しています。芸術家による観察、創造、そして斬新な視点から、私たちが普段見慣れている風景の内なる力を見直していくため、他郷の地で「駐在創作」を行うのは、芸術家と地方にとって必要とされていることであります

交通部観光局東部海岸国家風景区管理処は2019年と2020年の台湾東海岸大地芸術祭を主催するにあたって、芸術家を公募し現地駐在創作を行っていただく他に、アイデア市場、音楽会等のイベント、そして毎年少なくとも4軒のオープンワークショップを選出し、芸術祭に合わせて展示します。オープンワークショップを通して一般の方と芸術家が交流でき、東海岸芸術の創作パワーを集めます。

2018藝術家映像

1983年Ery Mefriにより設立。Nan Jombangという名前は、Ery Mefrinによる最初の舞踏Nan Jombangから付けられた。Ery Mefriはインドネシアジョグジャカルタ王国の伝統舞踏家系であり、とても歴史のある伝統舞踏の基礎を持っている

2018-6月オープンワークショップイベント一覧

2018年、私達は「潮間共生」のテーマを引き継ぎ、「島 群の中で」を今年度のテーマとした。更に緻密に、深く台湾東海岸、そして台湾島とこの星に散らばる無数の島々の関係を見つめる。「私達が注目するのは物事自身だけではい。

2018東海岸大地芸術祭月光-海音楽会