Welcome To Taiwan East Coast
Home周學涵

周學涵

藝術家簡介

1991年生まれ、嘉義人、現在は台北万華で生活しています。主に彫刻、装置、廃材、そして様々な素材を使って創作を続けてきました。社会とは異なった形式、素材や物品とのリンクから、人と物事の関係について探求しています。古い物、廃棄物、残留物などを集めたり、改造したりするのが好きで、忘れ去られた一コマから、何かを理解し、呼び戻そうとしています。

作品簡介

《Soga Monster》

素材:黒鉄、リサイクル海洋廃棄物
サイズ:8m(L) x 6m(W) x 1.5m(H)

創作について:

子供の頃は台湾の西部で生活していました。昼間の用水路ではカダヤシが見れ、夜間の草むらではホタルが見れていましたが、なぜ消えてしまったのでしょうか?近年、テクノロジーと政治で環境問題に取り掛かっている他に、創作領域においても、文明の発展が環境い及ぼした影響を表現しようとしています。私は特にこのような環境破壊を背景とした映画、物語が好きです。怪獣は環境による反撃の表れであり、海からよく現れて上陸していく。それらはただただ破壊するだけではなく、一種の警告にもなっていると感じます。よくある話として、どこかのバランスが破壊されてしまったから、もとに戻すために登場する、そんな警告でしょう。この上陸する、海と陸が交わるときこそ、私が創作を通して表現したいものです。「Soga」と名付けたには二つの理由があり、一つは環境を脅かす「プラスチック」の「台湾語」、もう一つはこの怪獣が持っている物質と意義で、誰にも「そうか」と納得させられる、そんな意味を込めました。

駐地創作地點

成功鎮海濱公園 導航至作品地點