Welcome To Taiwan East Coast
Home安聖恵

安聖恵

藝術家簡介

屏東好茶部落、魯凱族人。20年にわたり台東都蘭に定住、複数の素材での彫刻、環境装置の創作などを得意とし、特に違った素材の間に生まれる衝突と調和に着目している。太平洋みたいに荒々しい創作のエナジーとアイデアを持つ、台湾先住民芸術家である彼女は、国際的にも注目されている女性芸術家だ。2016年東海岸大地芸術祭においても、加路蘭休憩所にて「風揺蘭」を創作している。

作品簡介

そこに置かれた海 (放在那邊的海)

材料:鉄、竹、木

彼の目には海しか映らない

空の目が

金色の光束に照らされ 透き通る

彼の目には海が詰まっている

静かに見ている まだ呼吸する波を

 

太平洋の風

太陽にキスされて皮膚を 軽く撫で

彼は海の言葉が聞こえた

 

藍色の海底で

帰りたがる心は

巨大な魚はまるで筏とネットが織かさなって

一緒に

体と魂を

 

魚にならなくてもいい

ただ静かに感じるだけでいい

そこに置かれた海を

まだ呼吸する海を吸えばいい

 

海洋民族の眼中の海と

体と呼吸を通して

海の気持ち、潮の満ち引き、昼夜の入れ替わりが感じ取れ

季節の変化と一つの民族は

如何に海と共にその文化を育んだのだろうか

駐地創作地點

寧埔休憩區 ナビゲーション