Welcome To Taiwan East Coast
Home台拾壹芸術ワークショップ

台拾壹芸術ワークショップ

t1101-2

台東都蘭糖廠メイン工場内にある「台11」は、芸術創作家「高敏書」と醸造家である夫のBrian「老布」と共に運営しているワークショップです。そびえたつ煙突の下にある片隅に、夫婦二人の独特なセンスでユニークな空間が作られ、屋外の芝生には木材のプラットフォームと藁葺き、流木、達麓岸からなる東海岸台11ならではののんびりした生活殿堂が作られました。

現在ワークショップでは常設展として芸術家高敏書の作品を展示しているほか、屋外のスペースは「台11手遊市集」を設け、芸術、グルメ、アイデアなどに携わっている創作者向けにブースを提供しています。また、違う種類の芸術表現方法のニーズに合わせ、ワークショップ屋内、外での演出舞台のイベントも開催しています。しかしワークショップのエリアが狭すぎるので、今年の下半期に厨房の向かい側まで拡張する計画があります。屋外の芝生エリア拡張に合わせ、東海岸により完全な市場、演出エリアを提供し、芸術推進とシェアなどを目標としています。

台拾壹芸術ワークショップ

Tel: (089) 531139

ritabrian@yahoo.com

台東県東河鄉都蘭村都蘭61号

都蘭新東糖廠メイン工場内(煙突下)

FB:台11 Highway11

台11手遊市集

https://www.facebook.com/dulanmarkting/

台11 Highway11

行進中のワークショップ

2019年―台11芸術ワークショップは下半期に廠房の近くにある新しいスペースにまで拡張し、。オープンワークショップの精神にのっとり、芸術家が実験的に「行進式展示」方法を、新しい空間で実践します。

Part I:7月入り口のシンボル作品(銅箔、アルミ箔で作られて彫刻の門の作品)

Part II:8/24には新しい空間の開幕式と、都蘭糖廠・過去/意識部落展を開きます。

 

芸術家がオープンワークショップに参加する期間中、7月と8月には入り口にシンボル作品を設置します。作品はワークショップの入り口(と門の前)に設置されるため、訪れた方は芸術家の創作過程が見れるだけではなく、時間が経つにつれ作品の変化を見ることもでき、芸術作品を演出的な方式で披露します。

8/24に入り口の作品が完成する時、台11ワークショップの新しいスペースが開幕します。重要な芸文センターである「都蘭糖廠」と「意識部落」の展示会(音楽会)の紹介で、ワークショップの新しいスペースの開幕式を行います。